最初は【稼ぐ】ことへの執着心を捨てよう。

clouds way direction seat beltsおすすめ記事
Photo by Pixabay on Pexels.com
この記事は約4分で読めます。

こんにちは
またたびです。

稼ぐことへの執着心を捨てる

いきなり何の話かとお思いになるかもです。
ですが、お金を稼ぐ上で結構重要なことじゃないかと思ったのです。

と言うのも、稼げたとしても続けられなければ意味がないと言うことが挙げられます。
それから、稼ぎ方を知らないうちに行動すると失敗しやすいと言うこと。

今回は少し精神論的なお話

【稼ぐ】前にちゃんと土台作りをしよう

home real estate
Photo by Binyamin Mellish on Pexels.com

結構できていない人が多いのではないかと思い考えました。

私もできてませんでした。

ところで、みなさんは、お金を稼ごうとした時になにを考えますか?

  • どうやって、多くのお金を短期間に稼ごうか?
  • あるいは、もっと効率よく稼ぐにはどうしたらいいか?

こう言った感じで、まずはこう言ったところに意識が向いているのではないかと思います。

もちろん、行動力は大事なのですが考えなしに動くと失敗しやすいと言うか
すぐ躓いて転けてしまいます。

では、なぜ転けるのでしょうか?

答え:【自分の好きなこと】【やりたいこと】ではないからです。

モチベーションが続かない

young troubled woman using laptop at home
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

稼ぐためには、なり振り構わず行動する人もいます。
正直、最初は稼げると思います。
勢いがあるから。

ですが、継続が難しいです。

私も好きではない仕事をしていた時は

「なんのためにやってるんだろう?」
「早く休みにならないかな。まだ月曜か・・・。」

こんな感じでただ働くことだけを行っていました。
思考も停止して、仕事へのやる気もなく
プライベートもダラダラ過ごしてしまうようになりました。

例えばの話ですが

小さな頃、将来のためだからと嫌なのに塾に通わされていた経験はありませんか?
行きたくなくてサボったり、行ったとしても適当になったりしませんでしたか?

結果、サボったことや、テストの点数が悪くて
自分が行きたいと言って通っているわけでもないのに
謎に親から怒られて、また嫌な思いをする。

もちろん大人になっても変わらないです。
やりたくないこと、好きでもないことは続かない。

例えとは違う部分は自ら選んで行動していることですが
多少は続いたとしても、挫折しやすかったり違うことに時間を使ってしまいます。
最終的に辞めてしまいます。

なので、闇雲に稼ごうとせず
はっきりと【自分のやりたいこと】【好きなこと】を見つける様にします。

やりたいことを見つける前に、やりたくないことを書き出す

red rose flowers bouquet on white surface beside spring book with click pen and cup of cofffee
Photo by Lum3n on Pexels.com

やりたくないことを全て書き出してみる。

・通勤するために満員の電車に乗りたくない
・毎朝、早起きするのだるいから嫌
・毎日残業させられるから会社に行きたくない
・うざい上司や先輩、同僚と顔を合わせたくない

など

書いてみると結構たくさん出てきます。
やりたいことを見つける近道として、やりたくないことをリスト化すると
意外とヒントが見つかったりします。

ただし、最初のうちはある程度の妥協も必要です。
とくに人と関わるのですからやはり避けては通れない部分もあります。

書き出したやりたくないことリストを絶対に譲れない順に並べ替えましょう。

そうすると

我慢できそうなものが見つかるはず

ただ、やりたくないことに書き出したとしても実際に働いてみないとわからないことが
たくさんあるかと思います。
この部分に関しては、あまり失礼な質問は避けて面接などで必ず質問して事前に確認しましょう。

【稼ぐ】と言うことに重要なこと

やりたいことができているかどうか

だと思います。

それから

稼ぎ方を知っているかどうか?

好きなことが仕事にできれば、良いに越したことはありません。
ただ毎日をつまらなく過ごすより、楽しいこと好きなことを仕事にすることが大切です。

最近の会社員の人たちを見ていると、みんな死んだ魚の様な目をして働いています。
そんな働き方を一生続けて生きていくのでしょうか?

家にいる時間が長くなった人も多いかと思います。

娯楽に時間を費やすよりも
今一度、時間をとって考えてみるのもアリかも知れません。

これからの人生、先はまだまだ長いのですから。

タイトルとURLをコピーしました