世界一周に向けた基礎体力向上は、ボクシングに決定!!

ジャンプでHUNTER×HUNTERの連載が開始されてからというもの、月曜が楽しみで仕方ないです。
 
こんにちは。瞬旅(またたび)の「しゅん」です。
 
 
世界一周の準備では、基礎体力向上がとても大切です。というお話を以前しました。
 
スポンサーリンク


世界一周ブログ
↓ランキング順位は下記バナーをポチッとして覗いちゃって下さい↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 
デスクワーク歴4年の代償は相当なもので、
すっかり野生を忘れた室内犬のようになってしまいました。
 
犬並みの嗅覚があれば話は別ですが、
これでは、ハンター1次試験でサトツさんに付いて行けずに脱落確定です。
 
裏ハンター試験の「念」すら覚えることが出来ずに試合終了です。
安西先生、念の修行がしたいです。
 
 
これはいかん。いかんぞ!
 
 
ということで、1ヶ月前からはじめたんです。
 
ボクシング!!
 
まさかのボクシング!!
 
 
自分でも驚きを隠せないチョイスですが、
なぜかと申しますと、世界一周とハンター試験を目指す身としては、必修科目が2つあります。
 
①全身の筋力と基礎体力を向上させる
②自分の身は自分で守れる護身術を身につける
 
 
そして、最大の理由が、
ヒソカの系統別性格診断によると、ぼくは「強化系」ってことです。
 
強化系は、オーラによる物体強化や肉体強化を得意としてます。
攻守のバランスが最もよく取れた系統ですね。
 
つまり、念能力者同士の戦いになった場合、近接戦闘が前提になる訳です。
こことても重要です。今週の小テストに出ます。
 
「となると、何かひとつ格闘技を身に付けたいな。」という発想は当然の思考回路となります。
 
 
 
 
仮に、ぼくが世界一周で世界を旅してるとしましょう。
出発は2017年1月なので、あくまで仮定の話です。
 
南米にあるその街は、小さいながらも物価が安く、また治安も良いので旅人に人気の街です。
 
旅の後半で気も緩んだのか、夜に一人でふらふらと出歩き、お酒も飲める小さいレストランへと足を運びました。
言葉が通じないながらも現地の人と盛り上がり、少し多めのお酒を飲んで宿への帰っていたんです。
 
街頭の少ない暗い道を歩いていると、前から柄の悪い2人組の男が歩いてきます。
「へい!ジャパニーズボーイ。金貸してくれよ」と。
ぼくは当然、無視して早歩きで、その2人を撒こうとするわけですが、からんできます。しつこいです。
ぼくがちょっと大きな声で、「あっちへ行け!」と言うと、
 
なんと男の一人が懐からキラリと光る物を取り出すわけです。
「金置いてけコノヤロー」と。
 
旅人の能力の一つである危険察知センサーをMaxにしていたぼくは、光り物が出るやいなや、全速力で走って逃げます。
とっさに小道が目に入り飛び込むわけですが、これが運の尽き。なんとそこは袋小路だったんです。
「しまった。やってしまった。」
ニヤニヤして1人の男が近づいてきます。もう一人は出口を塞ぎます。
 
ぼくは堪忍して両手を挙げて、右ポケットから財布を出すモーションに入ります。
重心はちょっと低めに、体を右に捻ります。
 
男との距離感をしっかりを計り、そして繰り出すのです。
 
瞬時に腰を回転させ、下半身→上半身→腕へとエネルギーを伝えた、
渾身の右ストレートを!!!!
さらにはダメ押しで、右腕を素早く引くと同時に、
左のショートアッパーを振り抜きます。確かな手応えが拳に伝わってきます。
 
苦痛に倒れる男を飛び越え、
それを見て驚いているもう一人の仲間には、全速力のショルダータックルを腹部にかましてやります。
そのままの勢いのまま、大きな通りまで走ります。
 「この大通りは、お昼にご飯を食べた場所だ!」
後ろを振り返っても追手は来ていませんが、怖いので宿まで全速力で走りました。
 
そして無事に宿に着き、安堵して言葉が漏れます。
「マジて死ぬかと思った。」
でも擦り傷程度で助かりました。
買い置きした水をがぶ飲みして、震える手でブログにそのことをしたためるのです。
 
「あぁ、ボクシングやっててよかった。」と。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうゆうことなんです。ボクシングにしたのは。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もしくは、
仮に、ぼくがハンター試験を通過した新米ハンターだとします。
一本杉にすら辿り着いていないので、あくまで仮定の話です。
 
自力で職業斡旋所まで辿り着くのですが、そこの受付のお姉さんに言われてしまいます。
「わたしの横に何が見える?これが見えなきゃヒヨッコ以下なんだよね。」
 
「ハンターライセンスは持っているのに、何が足りないというのだ…?」
腑に落ちない思いを抱え、途方に暮れていたところ、ミズゲンという男に遭遇するのです。
そうこの男こそが、、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もういいですね。すみません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
この記事は、まさにボクシングジム帰りに書いてるわけですが、
子鹿ちゃんみたいにプルプルした手で書いてます。
 
そんな訳なんで、どんな訳だよ。
なんでボクシングにしたの?とか、ジムの練習ってどんなことやるの?とか、実際に1ヶ月ちょっとやってみてどう?
とかは、
軒並みキャリーオーバーさせて頂きたく存じます。当たったらデカい。売り場に急げ。
 
本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。




あなたの応援「ぽちっ」が、いつも記事更新の励みになっておりますm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記、スタビー画像をクリックして頂くと
瞬旅(またたび)ブログに【10ポイント】入ります。目指せ上位ランカー!!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. BAN より:

    素敵です。
    私もボクシングと空手をやってて世界一周前には3人くらいに囲まれた状況を想定してどうやったらぶっ倒せるか考えていましたが、実際旅をしていて聞いた話ではナイフとかじゃなくて拳銃で脅される事が多いらしいのでご注意ください。
    下手に抵抗して撃たれて重傷をおった旅人の話も聞きました。

    1. しゅん より:

      >BANさん
      コメントありがとうございます。
      ボクシングに加えて空手まで!!3人に囲まれた想定ってのも凄いですね。
      (ぼくは2人までが限界でした笑)

      なるほど!拳銃でくるわけですね。
      中遠距離でも1発で致命傷になるので、この対応は厳しい。とゆーかズルい!!
      そもそも、こういう状況にならないように気をつけないとですが、
      もしもの時は命以外のものは全て差し出す勇気も大切なんですね。

      もしかして、BANの旅のBANさんでしょうか?間違ってたらすみません汗

コメントを残す

*