【保存版】アイスランド一周まとめ(滞在日数/費用/ルート)

ゴーザンダイイン。瞬旅(またたび)の「しゅん」です。

 

友人から「世界一周した中で、おすすめの国ベスト3はどこ?」と聞かれたら、ぼくが必ず答える国がアイスランドです。

仲間達とレンタカーでアイスランドを旅した思い出は、世界一周の中でも何物にも代え難いぶっちぎりNo.1の思い出です。

 

まとめ記事を書きましたので、これからアイスランドに行く方のご参考になればと思います。

 

スポンサーリンク


世界一周 ブログランキング
↓1日1回「世界一周」投票ボタンをポチッと↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

アイスランド一周の滞在日数

ぼくたちは4人で、8泊9日(2017年9月15日~23日)でアイスランドを一周しました。

この期間のうち、1泊は大雨のため観光しないオフ日だったので、予備日をカウントしないと7泊8日でもいいかなと思います。

 

アイスランド一周の費用(航空券は除く)

アイスランドを4人で8泊9日で旅して掛かった総額は約69,103円(航空券は除く)でした。これは同じ人数で旅した歴代の旅人の中でもトップクラスに安いと思います。

安さの理由は、きちんとした宿に泊まったのが1泊のみで、あとは車中泊を7泊もしたからなのですが、普通の宿を利用する場合の費用は、90,000円ぐらいが目安となります。

 

アイスランド一周費用の内訳(一人当たり)

アイスランド一周で掛かった費用の内訳(一人当たり)は以下の通りです。

レンタカー(保険含む)8日間   34,301円

ガソリン代 5回                          10,753円

宿泊費                                              4,198円

食費                                                  5,106円

その他(観光費・お土産など)    14,745円

計                                                    69,103円

内訳の中で、赤字の宿泊費食費をぶっちぎりで節約しました。

調子に乗って1,500円のハンバーガーやブルーラグーンで1,000円もするビールを飲んでしまったり、お土産を買ったりしましたが、当初は10万くらいを見込んでいたのでかなり安く済んだかなと思います。

アイスランドを安く旅する節約術は後述します。

 

アイスランド一周のルート

ぼくたちは、アイスランドに到着するまでルートを全く決めていませんでした。

まずは各メンバーの絶対に行きたい場所をピックアップして、天気予報を元に時計回りで一周することにしました。

 

1日目

【アイスランド一周:1日目】宇宙一美味しいホットドッグと車中泊のすゝめ

・空港にてレンタカーをピックアップ

・宇宙一おいしいホットドック(Bæjarins Beztu Pylsur)

・bonusでお買い物

 

2日目

【アイスランド一周:2日目】地球の裂け目と吹き出す温泉。更には大・大・大感動のオーロラ!!

・地球の裂け目。シンクヴェトリル国立公園(thingvellir)

・吹き出す間欠泉。ゲイシール(geysir)

・組み分け帽子。グルンダルフィヨルズル(Grundarfjordur)へ

 

3日目

【アイスランド一周:3日目】本当にあった。映画「LIFE」のロケ地で、テンションMAX!!

・映画「LIFE」のロケ地(Stykkishormur)〜ヘリコプターに飛び乗るシーン〜

・神の滝。ゴーザフォス(Godafoss)

・幻想水湖伝。ミーヴァトン湖(Myvatn)

 

4日目

【アイスランド一周:4日目】アイスランドで1番大好きな場所!!幸運の虹で運気上昇。気分も上々↑↑

・青より蒼いカルデラ湖。ヴィティ(Viti)

・アイスランドで大好きな場所。デティフォス(Dettifoss)

・映画「LIFE」のロケ地(Seydisfjordur)〜スケボーで坂道を下るシーン〜

 

 

5日目

【アイスランド一周:5日目】太古の地球を感じながら、氷河を眺めて食べる「元祖 氷河ラーメン」!!

・ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)

・アイスランドにも緑はあるんです。スカフタフェットル国立公園(skaftafell)

 

6日目

【アイスランド一周:6日目】ハッピーパンデミックが止まらない!?オフ日でも楽しいアイスランド

・オフ日

 

7日目

【アイスランド一周:7日目①】ミステリアスな黒砂浜と、滝に隠された財宝伝説!!

【アイスランド一周:7日目②】世界一の露天風呂ブルーラグーンで長年の夢を叶える!!

・ミステリアスな黒砂浜。ブラックサンドビーチ(Black sands beach)

・海賊が財宝を隠したアイスランド最大級の滝、スコガフォス(Skogafoss)

・滝の裏側に突撃!!セリャラントスフォス(Seljalandfoss)

・世界一の露天風呂ブルーラグーン(Blue Lagoon)

 

8日目

【アイスランド一周:8日目】ロケット教会とペ◯ス博物館。最終日はB級スポット巡り

・ロケットみたいな教会、ハットルグリムス教会(Hallgrimski)

・アイスランドにあるB級スポット、ペ◯ス博物館(Phallological muzium)

 

9日目

・レンタカーを返却し空港へ

 

アイスランドを安く旅する節約術

アイスランドの物価は、肌感覚で日本と比べて1.5倍なので、宿泊費(1泊3,000円ぐらい)と外食費(一食1,500円以上)が他の国と比べてかなり高く感じました。

そんな中で、アイスランドの旅を安く旅できた大きなポイントは以下の2点でした。

 ・車中泊(7泊)

・食事を自炊(毎日全食)

※もちろん、人数を4人集めて共有費をシェアするのが大前提です

 

アイスランド節約術:車中泊する

アイスランドの旅を安く旅するポイントの一つ目は、車中泊です。

 

ぼくたちは全員が世界一周中で、サバイバルな状況に慣れていたので平気でしたが、夜になると極寒になる車内で、足が伸ばせない状態で何日も泊まるのは、これがなかなかに過酷なのです。

同じ時期にレンタカーでアイスランドを旅していた友人は、あまりの寒さに1日でギブアップしたと言っていました。

 

もし車中泊にチャレンジする場合の必須アイテム寝袋です!!

9月のアイスランドは夜になると、一桁台まで冷え込むので、長袖長ズボンにダウンを着込んで寝袋に包まないと絶対に眠れません。寝袋はちょっと高いように感じますが、車中泊を2泊もすれば元が取れるので是非ともコンパクトな寝袋(夏秋用で十分)を買って行くことをオススメします。

 

アイスランド節約術:食事を自炊する

アイスランドの旅を安く旅するポイントの二つ目は、食事を自炊することです。

 

アイスランドで外食をする場合、ハンバーガーセットで1,500円、パスタで2,000円ぐらいします。バックパッカーにとってこの値段は、他の国の宿1泊分に相当するほどの金額です。

ぼくたちは食事を自炊することで、食費9日間5,106円まで抑えることができました。

 

詳しくは、みずほがまとめてくれたので、コチラをご参考下さい。

キャンプで作ったご飯のまとめ(8泊9日の食費も公開)【アイスランド】

 

自炊する上で必須アイテムとなるのが、キャンプ用バーナーです(ガス缶は現地調達)。これがないと自炊が出来ません。

これからアイスランドに行く節約派の方は必須アイテムです。4人で1バーナーを目安に準備すると良いでしょう。ちょっと高くても絶対に買うべし。4食も自炊すれば元が取れます

 

ガス缶・調味料(塩,胡椒,油,ジャム等)・調理器具(フライパン,なべ等)・トイレットペーパーは、キャンプサイトにある無料アイテム棚から手に入れることが出来ます。

 

また食材の買い出しは、ボーナス(BONUS)というスーパーマーケットが、他のお店に比べて格安なのでおすすめです。

 

アイスランドでレンタカーする場合の注意点

アイスランドはツアーでも観光できますが、レンタカーを借りて仲間と旅するのがオススメです。

ツアーを利用するよりも値段が安く、天候が変わりやすいアイスランドでも柔軟に予定を変更できるからです。

 

ぼくたちは、事前にこちらのサイト『Guide to Iceland』で日産エクストレイルを手配しました。

 

どの車種をレンタルするか

人数より一回り大きいAT車種を借りましょう。

 

ぼくたちは4人でアイスランドを旅しましたが、レンタカーは7人乗りの日産エクストレイルを借りました。

最後列のシートを収納用に倒して、4人分の世界一周のバックパック、キャンプ用品、食料を詰め込むと後ろが見えないぐらいパンパンになります。また車中泊する場合は少しでも大きな車の方が快適に過ごすことが出来ます。

 

また、海外のレンタカーはMT車種(マニュアル)が多いので要注意です。マニュアルの運転に慣れていない場合は、必ずAT車種を選ぶようにしましょう。

 

飛び石保険には入るべし

レンタカーを借りる場合は、必ず飛び石保険に入りましょう。

 

アイスランドの道は、ほとんどが舗装された綺麗な道ですが、島の内陸部は未舗装のオフロードになります。車体が砂埃で真っ黒になる程のオフロードもあり、車体には必ず傷がつくので、飛び石保険に入ることを強くオススメします。

 

ガソリンスタンドで注意点

アイスランドの西側には、ガソリンスタンドが比較的たくさんありますが、内陸部や東側の街から離れたところではガソリンスタンドが全然ないです。

メーターが半分を切ったら、ガソリンを小まめに補給するようにしましょう。

 

また、ガソリンの種類にも要注意です。

ぼくたちが借りた日産エクストレイルはディーゼルでした。 アイスランドのガソリンスタンドはセルフで、レギュラーとディーゼルの2種類が給油できます。

友人が、ディーゼル車に誤って、レギュラーを給油してしまい、ロードサービスを呼んで給油タンクからガソリンを抜くのに約30,000円も掛かってしまったそうです。

 

天候とオーロラについて

オーロラを見るためには、天気予報オーロラレーダーを駆使して、晴れているエリアに車を走らせて、光源が少ない町から少し離れたところに停車して、ひたすら車の中で待ちます。

 

アイスランドの天気を調べる場合、エリア別・時間帯別に細かく表示されるコチラのサイトが便利です。

オーロラ予報を見るためには、このページ内の左メニューの赤枠で囲った『Aurora Forecasts』をクリックします。

 

このページ内の右上の橙枠で囲った『Aurora Forecas』でオーロラの強さをチェックできます。オーロラの強さが0〜9までの10段階で表示されています。

 

ここで要注意なのが、地図上の緑色オーロラではなく、雲の濃さを示しているってことです。ここでは、地図上で白いエリアを追いかけるのが正解なのです。

もう一度言いましょう。地図上で白いエリアを追いかけるのが正解なのです。

 

ぼくたちは、緑の濃さをオーロラの濃さと勘違いしてしまい、ひたすら曇っている場所を追いかけていました。だってオーロラって緑じゃん、、、

 

アイスランド一周のまとめ

この旅でアイスランドを旅することが出来て、本当に良かったです。

日本から遥か遠く離れたアイスランド。勝手にアイスランドという名前から、氷に覆われた南極のような島をイメージしていましたが、行って見るとその想像は見事に覆されました。

もし行こうか迷っている方がいたら「死ぬまでに、必ず行った方がいい!!」と強くおすすめできる数少ない国です。

 

アイスランドは日本から遠いし、航空券も高額ですが、

勇気を出して一歩踏み出してみると、そこには「地球」という言葉をイメージして、ぼくたちが想像する、信じられないぐらい壮大な世界が待っていました。

 

ユーラシアプレートと北米プレートがぶつかる地球の裂け目。

 

周期的に熱湯が天高く吹き出す間欠泉。

 

幻想的な世界が広がる湖。

 

火山の噴火口にできた湖。

 

荘厳すぎる滝とダブルレインボー。

 

太古の昔を感じることができる氷河。

 

ふと、道路を見るとそこには、まるで映画のような景色が広がり。

 

自然現象の中で一番感動した、満天の星空の下、頭上いっぱいに揺らめく緑色のカーテン。

 

そしてそして、アイスランドの素晴らしい景色をより一層楽しむためには、大切な仲間と旅してください。

ぼくの大好きな映画「IN TO THE WILD」の中で、 「幸せが実現するのは、それを分かち合った時だけ」という台詞があります。

アイスランドの壮大な景色と、それを最高の仲間たちと分かち合えたこと。

このふたつが揃えば、アイスランド一周旅は2倍も3倍も4倍も…無限大に楽しい旅になります。

 

以上が、アイスランド一周まとめ(滞在日数/費用/ルート)です。

記事を書いてたら、また行きたくなっちゃった。今度は両親や未来の家族を連れて行きたいな。

本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
facebook「いいね」、twitter「フォロー」、Instagram「フォロー」もお気軽にフォロー下さい!!



あなたの応援『ぽちっ』が、いつも記事更新の励みになっております。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

↑世界一周ブログランキング↑

1日1回投票ボタンのクリックをお願いしますm(_ _)m
ブログ村の画面に切り替わり、右下にポップアップが出ると、瞬旅(またたび)ブログにポイントが入ります。
目指せ表彰台、上位ランカー!!エイエイオー


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*