必見!フィリピン語学留学まとめ【費用・期間・勉強方法】

こんにちは。瞬旅(またたび)の「しゅん」です。

 

世界一周のスタートは、フィリピン語学留学(CNE1)。

旅のテーマ「世界の100人に密着インタビュー」をするに足る語学力を身につけるべく、3ヶ月に及ぶ修行編が終了!!

 

そして、フィリピン語学留学編もこれが最終章で御座います。

まとめ記事を書いて、強引に終わらせようとしているわけじゃないんだからねッッッ!!

 

それでは行ってみましょー!!

 

スポンサーリンク


世界一周ブログ
↓ランキング順位は下記バナーをポチッとして覗いちゃって下さい↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

【費用】語学留学っていくら必要なの?

みなさんが一番気になるであろう、留学費用のお話です。

各項目の詳細は、CNE1のサイトで詳しく書かれています。気になる方はご覧くださいませ。

 

フィリピン留学にかかる総費用

ぼくの場合、3ヶ月の語学留学の総費用525,500円。じゃん!!

日本で普通に生活する費用とほとんど変わらないんだよなー。やっぱりフィリピン留学って安いよね。

内訳は以下の通り。

 

■入学金+留学基本料金

1日6時間マンツーマンコースの12週、4人部屋ルソン、3食付き。

  • 入学金:15,000円
  • メインコース:417,000円
  • One Project特別支援:−50,000円

計382,000円

 

今回は、最大3ヶ月までの留学全授業料を支援してくれる『One Project』を利用しての留学でした。

最終面接で落ちてしまいましたが、特別支援枠(5万円)を戴きましたー!!パチパチ。

留学を考えている人は是非、応募した方がいいよ!!

 

■その他の費用

水道光熱インターネット費や各種ビザ代金。

  • 共益費用:1,100ペソ×12週 ≒ 29,000円
  • SSP取得料金(特別学習許可書):6,100ペソ ≒ 13,400円
  • ACR I-Card(外国人登録証)取得料:3,000ペソ ≒ 6,600円
  • 観光ビザ延長:9,500ペソ ≒ 21,000円
  • テキスト:400ペソ×4冊  ≒ 3,500円

計73,500円

 

■生活費やレジャー費

3ヶ月分のスーパーやコンビニでの買い物、フィリピン観光、お酒など、学校外で使った費用。

節約したつもりだったけど結構使ってた笑

計70,000円

 

 

【期間】語学留学にベストな期間は?

個人的には、3ヶ月が絶対オススメ!!

もし、旅中にドミトリーや移動中のバスで一緒になった、海外の人と普通に話そうと思ったら、3ヶ月はガッツリ勉強した方がいい。

もちろん費用もかかるし、人によって違うだろうけど、自分の肌感覚と周りの生徒の意見を参考にすると、こんな感じでした。

 

1週間留学

1日6時間マンツーマンで英語を話してヘトヘトに。とにかく生活に慣れることに必死。

英語を話すことに対する恐怖心が無くなり、語学学習のモチベーションがUP。

ただし、1週間で語学力はそんなに向上しない。

 

1ヶ月留学

英語を聞いたり話したりするのに慣れてくる。

時間がかかるものの簡単な文章を頭で組み立てて、自分の口から話すことが出来るようになる。ただし時制、前置詞、冠詞がめちゃくちゃ。

1ヶ月間で話せるようにはなるほど英語は甘くない。

 

2ヶ月留学

英語を使う感覚が身に付き始め、学習が楽しくなってくる。

よく使う英語表現を高速で話せるようになり、自分話せるじゃん!!とたまに思う瞬間がある。

ここで卒業してしまうと、英語を話す感覚を忘れてしまいそうで勿体ないと感じる。

 

3ヶ月留学

新しい単語や表現を会話の中で使うことが出来るようになり、自分でも英語の上達が実感できる。

相手の言っていることを理解でき、自分の言いたいことを伝えられる。初級レベルから脱出し、旅行中に困らないレベルまで英語力を引き上げる事ができる。

特定の状況下に置いて、めっちゃ話せるじゃんと友人達から言われる。

 

 

ぼくの場合、2ヶ月目にスランプに陥って、もうダメだーってなったけど、3ヶ月目で覚醒しました笑

あとね、3ヶ月以上はモチベーションを保つのが難しい。もし、長期になる場合は学校を変えたり、国を変えるのもいいかも!!

 

なので、本当に時間がない人は1ヶ月可能であれば3ヶ月をおすすめします!!

 

 

【勉強】オススメの勉強方法ってある?

語学留学を無駄にしないためのオススメの勉強法について。

自分への反省も含めて振り返ります!!

 

語学留学前

とにかく日本では瞬間英作文(英文法)英単語をやっておけ!!と言いたい。

 

瞬間英作文は、日本語を見て瞬間的に英訳して口に出す練習です。

2年前に英語が話せる友人から教えてもらって、語学留学前に10周やりました。

これをやっていたお陰で、高速で英文を組み立てられるようになり、どれだけ留学中に助かったことか!!

 

留学中は辞書のように使って、調べた単語はラインマーカーを引いて、そのセンテンスを集中的に復習するように心掛けました。

「あぁ、あのテキストのココで調べたなー。」と思い出しながら覚えると、格段に記憶に残ります。

 

んで留学前に、もっとちゃんとやっておけば良かったーと後悔したのも単語。

単語を知らないために、自分の言いたいことの表現が限られたり、相手の言っている意味を推測せざるを得なかったり。

なんだか手足を縛られた状態のような不自由さを感じることが多かったです。

 

留学期間中

とにかくたくさん話す授業の予習復習をする。

 

日本から参考書を持っていきましたが、それをやる暇なんてありませんでした。

語学学校には、DUO英単語帳と、英文法書を持っていけば十分です。文法書は苦手な項目や理解できない文法を調べるのに使ってました。

 

あと、個人的におすすめしたいのは、言えなかったことノートを作る。

授業中や日常会話で英語で言えなかったことを、

ノートの左側に日本語、右側に英語を書いて、空き時間に何度も何度も瞬間英作文して覚えていました。

 

 

留学前は、瞬間英作文(英文法)と英単語に集中して、留学中とにかく友人や先生達と下手でもいいからたくさん話す

これによって、語学留学を無駄にすることなく最大限に活用できます!!

 

 

最後に。語学留学後の世界一周って最高じゃん

当初、語学留学の目標は『旅人や現地の人と英語でコミュニケーションが取れるようになる』であり、旅の準備という位置付けでした。

ですが、今ではその気持ちは『帰国後に仕事で使ってみたい』と変化しています。

 

この背景には2つの理由があります。

一つ目は、「語学留学で自信が付いた」ことです。

3ヶ月で目標としていたレベルまで会話力を引き上げることが出来、英語を話すのが苦ではなくなりました。

 

二つ目は、「自分の考えや想いを、海外の人ともシェア出来る」ことです。

ディスカッション授業では、文化の違い、その国が抱えている問題点、恋愛観、仕事に対する考え、を先生と議論しました。ここでは単なるコミュニケーションツールから、英語を使って考え、英語で情報収集し、英語で人に何かを伝えたり。毎日が新鮮な驚きの連続で、自分の中に新たな視点や可能性を見出すことが出来ました。

 

 

この変化は正直、自分でもビックリなのですが、

よくよく考えると、『語学留学後世界一周は、英語を使う最高の環境』だなと感じています。

日本だと使いたくても、なかなか機会がない英語ですが、

いま、ぼくの周りを見渡すとドミトリーが同室の外人がわんさかいるからね。ちょっと話かければ会話がスタートするじゃん。

 

 

確かに費用は高いけれど、世界一周前に語学留学して一片の悔いはなし。

帰国するまでには、更に英語力を引き上げて、今後の人生に武器にするぞ!!エイエイオー!!

 

本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。




あなたの応援「ぽちっ」が、いつも記事更新の励みになっておりますm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記、スタビー画像をクリックして頂くと
瞬旅(またたび)ブログに【10ポイント】入ります。目指せ上位ランカー!!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*