フィリピン語学留学で英語は伸びるのか!?【経過報告1ヶ月】

こんにちは。瞬旅(またたび)の「しゅん」です。

 

毎回、じーさんのように繰り返していますが、早いもので1ヶ月

ぼくが通っているCNE1という学校では、月1回と卒業日にスピーキングテストがあります。

 

本日は、そのスピーキングテストの日

 

スポンサーリンク


世界一周ブログ
↓ランキング順位は下記バナーをポチッとして覗いちゃって下さい↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

3ヶ月の語学留学で英語は、どのぐらいのレベルまで伸びるか?

をお届けするのがこのブログの使命と思い、本日も恥を晒していく次第です笑

 

 

1ヶ月の集大成が試されるスピーキングテスト

朝からちょっとどころじゃなく緊張!!

だって、1ヶ月の集大成が試されるわけだから、そりゃあ緊張するわけですよ。

 

そのことを、我が師匠ドニーに話したら、

「部屋に入る前に、3回深呼吸をするんだ。大丈夫、ただのテストじゃないか。HAHAHAー!!」

と励ましのお言葉を頂き、だいぶ気持ちもほぐれました。何だかやれそうな気がする!!

 

 

スピーキングテストの部屋の前に立ち、

「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」と3回深呼吸を唱え、部屋に入ります。

 

毎回、審査官の先生は変わるんですが、

今回はいつもグラサンをかけているアーノルド先生。

マフィアの方ですか?それとも、闇金ウシジマくんですか?と問いたい。(※実際はめっちゃ優しい先生でした)

 

 

いよいよ、全6パートからなるスピーキングのテストのスタートです。

Part1:1000字ぐらいの英文を音読

Part2:写真の内容を英語で1分間で説明

Part3:口頭で先生に聞かれた質問に答える(全3問)

Part4:英語の文章を読んで、各問題に答える

Part5:留守番電話の内容を聞いて、適切に折り返す

Part6:あるテーマについて自分の意見を言う

 

 

手応えとしては、いつも通りの本調子とまではいかないものの、なんとか完投した感じ。

けれど1ヶ月前と違い、

質問の内容もほとんど理解できたし、言いたい単語が出て来なかった時は知ってる単語でうまく回避出来たので、前回よりは手応えがあり。

 

 

結果はこんな感じです。じゃん!!

前回:HIGH BEGINNER(40点) レベル4/10段階

簡単な日常会話であれば途切れ途切れではあるが、言いたいことをなんとか相手に伝えることができる。「単語」でしか伝えられなかった状況から「文章」を作れるようになってきている。まだ、文法の順番や発音は日本語に引きづられているので、聞き手は正しく理解するのが難しい。リスニングに関しては意味を推測しながらなんとなく理解することが多い。

 

今回:PRE INTERMEDIATE(49点) レベル5/10段階

会話に必要最低限の文法知識を使うことができる。英語を話すリズムや語感も意識できるようになっている。まだ不自然さは残るものの、相槌や感嘆語を使うなど英語に自然さが出ている。英語でのコミュニケーションを楽しむことができ、初級から中級へ進む第一歩となる時期。

 

 

 

やったー!!1ランク昇格!!

 

ボキャブラリーはどうした?という感じですが、バランスよく全ての技能が伸びていました。

先生も凄く喜んでくれたし、とりあえずめちゃくちゃ安心した。

 

 

 

フィリピン留学2ヶ月目に取り組むこと

 

スタッフの方からのコメントによると、

ボキャブラリーは、たくさん話した分、前置詞(in,on,at)や冠詞(a,the)の抜け漏れが減点に響いてしまった模様。

確かにここら辺は、自分の中でも使い分けに苦手意識を持っていて、いつも先生に指摘されていました。

 

よし、決めた!!

フィリピン留学2ヶ月目文法を重点的に見直して、英語の基盤をガッチリ固めていこうと思います!!

 

 

残り2ヶ月間、更なるレベルアップを目指して頑張るぞ。エイエイオー!!

本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。




あなたの応援「ぽちっ」が、いつも記事更新の励みになっておりますm(_ _)m
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
上記、スタビー画像をクリックして頂くと
瞬旅(またたび)ブログに【10ポイント】入ります。目指せ上位ランカー!!


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*