人生初のヒッチハイクは大失敗!ヒ、ヒッチハイクって難しいんだね【アウストラル街道9】

こんにちは。瞬旅(またたび)の「しゅん」です。

 

〜アウストラル街道6日目のあらすじ〜

町の全てが木の遊歩道で繋がれた町トルテル。ファンタジーの世界に迷い込んだかのような素敵な時間を過ごした6日目。

知られざる秘境!全てが木でできた町トルテル(Tortel)【アウストラル街道8】

 

スポンサーリンク


1日1回投票ボタンのクリックをお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ブログ村の画面に切り替わり、右下にポップアップが出ると1票入り、瞬旅(またたび)の順位が上がります。

 

トルテル(Tortel)の絶景トレッキング

全てが木でできた町トルテルにトレッキングコースがあるので、翌日に行ってみることに!!

2.5km、2時間のコースです。この距離で2時間もかかるということは、それなりに高低差があることが予想されます。気合いを入れてレッツゴー!!

流石は地面を踏ませてくれない町トルテル。序盤はきちんと木の遊歩道が行く手を案内してくれます。

低い雲が垂れ込めた肌寒い天候でしたが、それはそれで幻想的。

 

トレッキングをしていて、この土地がかなりの湿地帯であることがわかります。

この日は小雨がパラパラと降っており地面がグシャグシャなので、慎重に平均台の様に細い遊歩道を進みます。

いきなり世界が途切れているように錯覚する景色が出現!!スゲーーー!!なんだここは!?

山が台形状になっており、テーブルのように平らな土地から、下が急に崖になっています。その景色は圧巻!!

 

なぜかドラゴンクエスト幻の大地を思い出しました。それはもはやRPGの世界観

昔の人は地球が丸ではなく平らだったと信じていたといいますが、その時代の世界の終わりがそこにあると錯覚するほど。

さらに登っていくと、展望台がありました!

天候はあいにくでしたが、トルテルが海岸線に沿って作られた村であることを確認できます。本当に凄いところに住んでるなぁ。

 

 

忙しなく観光地をまわり、パシャパシャと写真を撮る旅に疲れた時に、

暫し時間を忘れて、のんびりと自然を眺めながら歩き、美しい景色に癒され、自然の音に耳を傾ける。秘境と呼ばれる田舎にある古い民宿に泊まって、薪のストーブにあたりながら、ただただゆっくりと時間が流れていく。

 

トルテルの町と自然に心から癒された2日間でした。

さぁ、次の町に移動だ!

 

人生で初めてのヒッチハイクに挑戦!!

トルテルを堪能した後は、コクランという町に移動します。ここで人生で初めてのヒッチハイクに挑戦です!!

もちろん、ヒッチハイクなんてのは日本でもやったことがありません。事前にGoogleで「ヒッチハイク 方法」と検索をしたほど笑

 

今回、ヒッチハイクをしようと思った理由は3つあります。

①世界一周のどこかでヒッチハイクに挑戦したかった

貧乏旅行の大定番であるヒッチハイク。先人の旅人さん達が果敢に挑戦しており、いつかやってみたいと羨望の眼差しでみておりました。現地の人に触れ合えるのも醍醐味ですよね。

 

②旅立ちから1年が経ち、旅に変化を求めていた

旅の期間も1年が経ち、観光地を調べ、宿をとって、移動を繰り返す。そんな普通に観光都市をまわる旅にマンネリを感じていました。ここいらで一発、初挑戦モノをぶち込むか!となったのです。

 

③南米とは思えない治安の良さ

南米でヒッチハイクとかありえない。とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここアウストラル街道の治安はスーパー良いです。

大きな後押しとなったのは、バスの本数が少ないため、現地の人も普通にヒッチハイクしていること。その為、ここアウストラル街道には見ず知らずの人と、車と時間をシェアするヒッチハイク文化が根付いているのですまさに初心者向きの場所!

 

ヒッチハイクの方法はGoogle先生に聞いて、

目的地を紙に書く』『車が停車しやすい町の出口付近で待機』『笑顔で親指を上げるがキーワードのようです。

右も左も分からないので素直に従うことに。

 

トルテルの町外れの駐車場で、15時からヒッチハイクをスタート!!車は少なく10分に1台が通過する程度です。

 

しゅん「・・・」

一つ言って良いですか?

スケッチブックを持ってニコニコと親指を立てるこの行為。これ、思った以上にめっちゃ恥ずい!!

大学生時代にバイト先の制服でティッシュ配りをした時と同じぐらい恥ずかしい。

 

1台、2台、3台、4台、、、

チリの人は優しく、親指を立てるぼくと目が合うと、「近くに行くんだ(指をクルクル回すジェスチャー)」「もう店員オーバーなんだ(手のひらをパーにするジェスチャー)」など反応をしてくれます。

ぼくも笑顔で手を振るジェスチャーで返します。

 

5台、6台、7台、8台、、、

そんなに簡単に車は捕まらないよねー。

 

9台、10台、11台、12台、、、

この時点で1時間が経過。雲行きが怪しくなってきたぞ。

13台、14台、15台、16台、、、

この日の気温は5度。猛烈に寒い。寒い、寒過ぎる。完全装備でも足は冷気から守り切れず、足首から下の感覚がなくなるアンデッド状態になります。

 

17台、18台、19台、20台、、、

うむむ。更に1時間が経過。

 

21台、22台、23台、24台、、、

大粒の雨が降ってきたので、軒下に避難して様子を見ながらヒッチハイク。

 

 

結局、18時までの3時間粘って1台も捕まらずギブアップ

ヒッチハイクって難しいんだなぁ。初めてのヒッチハイクにワクワクしていただけあって、大失敗という結果にガックリと肩を落とします。

 

ヒッチハイクは「お願い!(希望)」「ダメか(落胆)」の繰り返しで、感情のジェットコースターみたい。

車が捕まらない時間が続くと、なんだか告白して振られた心境で、それに拍車がかかると自己を全否定されるような気持ちになってきます。

こ、これは精神力の鍛錬なのか!!

 

しかしアウストラル街道がそんなに甘くないことは実証済みの織り込み済み。

ここでヒッチハイクの極意を身に付けてやる!!

 

最終的に18時のバスをキャンセル待ちで粘って飛び乗り、次なる目的地コクランへ向かいます。

 

トルテル(Tortel)からコクラン(Cochrane)へ

【時刻】曜日により異なる 【料金】7,000チリペソ(≒1,250円)

※駐車場の商店でバスチケットを購入

本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。


facebook「いいね」、twitter「フォロー」、Instagram「フォロー」もお気軽にフォロー下さい。また、下のコメント欄よりメッセージも楽しみにしております!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
あなたの応援『ぽちっ』が、いつも記事更新の励みになっております。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. よく通る通りすがり より:

    久々に読んでみたら、冒険感ある旅らしいブログになってる (失礼) 笑
    知らない地域だし躍動感あって面白いですね。
    また寄ります

  2. 池田 より:

    こんにちは!
    先日ある学校でスカイプ通話をさせていただ時に、自分も世界一周したいと言った者です。

    しゅんさんの話を聞いて、感銘を受けました。
    自分がどうしたいか?
    違うと思ったら次へ!
    自分の人生を自分で決める。
    FREEDOM IS NOT FREE

    お二人の言葉が本当に心に刺さり
    世界一周という儚い夢が目標へと変わりました。

    ありがとうございました!
    応援しております!!

    1. しゅん より:

      池田くん
      もちろん覚えてるよー!
      ブログからコメントしてくれて、ありがとう!!

      そう言ってもらえて凄く嬉しいな(o^^o)♪
      世界一周に出ると言うと、周囲から反対されることもあるかもしれないけど、粘り強く説得して周囲を味方に付けて、自分で決めた道を突き進むのを応援してる!!

      もし、何か困ったことがあったら味方になるから、いつでも相談してね!!

コメントを残す

*