嵐を呼ぶ モーレツ!オヒギンス村から脱出せよ【アウストラル街道7】

こんにちは。瞬旅(またたび)の「しゅん」です。

 

〜アウストラル街道4日目のあらすじ〜

何もない湖畔でのキャンプ生活4日目にして、ついに夢にみたフェリーが出航!!苦楽を共にした仲間との思い出を胸にスタート地点オヒギンス村に到達します。

出航だァ〜〜〜!!!オヒギンス湖畔牢獄から4日目にして脱出成功【アウストラル街道6】

 

スポンサーリンク


1日1回投票ボタンのクリックをお願いします↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ブログ村の画面に切り替わり、右下にポップアップが出ると1票入り、瞬旅(またたび)の順位が上がります。

 

アウストラル街道のルート詳細

今回の企画であるアウストラル街道完全制覇。

世界で一番美しい街道と呼ばれる、チリのパタゴニア地方を走る7号線道路(通称:アウストラル街道)をヒッチハイクとキャンプをしながら北上します。

 

始地点オヒギンス〜終地点プエルト・モンまで全長1,200kmの道のりを2週間かけて旅します。その距離は地元の札幌から東京と同じ距離(約1,200km)。そう考えると思ったより長いなぁ笑

 

そして、このアウストラル街道は、山稜に囲まれた谷に作られた街道で、外界から完全に独立した地域でもあります。

そのため、わざわざ旅をしようとする旅人も少なく、情報が極端に少ないのが特徴。 

(当ブログでは、これから旅する方のために各記事の最後に情報をまとめようと思います。)

 

色々と書きましたが、アウストラル街道めっちゃ楽しみ!!なのです。

情報が少ない中、未開の地を開拓するこの感覚。これまで1年以上も旅をして来ましたが、未だかつてないチャレンジ&アドベンチャーな旅を前にワクワクしております。

 

皆さんもご一緒に旅したつもりで、アウストラル街道完全制覇編をお楽しみください!

 

嵐がくる前にオヒギンス村から脱出せよ!!

次なる目的地は、全てが木でできている不思議な村トルテルを目指します。オヒギンス村から150kmほど離れております。

 

とりあえずは現地の人に聞き込みだ。

宿屋の主人に、トルテルや今後のルートについて相談していると、衝撃発言が飛び出したのです。

宿屋の主人「ヒッチハイク?明日から嵐がくるから車なんて捕まらないぞ。トルテルへのバスは週3本(月木土)で、明日は木曜日だからバスがある。もしそれを逃すと3日後。どうするかは君の自由だけどね。」

しゅん「ま、まじですか、、、」

 

今回の旅は、可能な限りヒッチハイクで旅をしようと思ってました。

しかし、ただでさえオヒギンス湖のフェリー欠航により3日間の遅れ。更に3日間も遅れるとなると、ゴール地点まで2週間で辿り着けない。

とゆーか、もういい加減、旅をスタートさせたい!!

一度決めたことはやり遂げないと気が済まない性格です。ですが変化に応じて柔軟に対応しないのは愚か者のすること。

アウストラル街道 全行程ヒッチハイク』というロマン溢れる響きに、後ろ髪を引っこ抜かれる勢いで引っ張られながら、道中はバスも織り交ぜるという苦渋の決断をしました。

 

事前にバス会社に行き、オヒギンス〜トルテルのチケットを購入しました。料金は4,000チリペソ(≒700円)。

オヒギンス村(Villa O’Higgins)からトルテル(Caleta Tortel)へ移動

8:30 オヒギンス村を出発

朝起きて外に出ると、天気は大雨&強風&寒波の三重奏30秒でずぶ濡れになるレベルです。

これはヒッチハイク無理だったなぁ。昨日の決断は英断であった!と満足です笑

 

バスは定刻通り8:30にオヒギンス村を出発します。

道は舗装されてない、クネクネとカーブが多い山道を進んで行きます。世界一周中でも十指には入る悪路で、三半規管が弱い人は地獄道です。

 

そして、すれ違う車が少ないこと、少ないこと。

宿屋の店主が言ってましたが、3月中旬はオフシーズンに入り車が少なく、そもそもアウストラル街道の南側は車自体が少ないんだとか。

いやいや、ヒッチハイク無理ですやん、、、

 

11:00 バスごとフェリーに乗る

パタゴニア地方のお家芸車ごと乗り込むタイプのフェリーで御座います。

 

パタゴニア地方ではお馴染みで、アメーバ状に広がった海によって寸断された道を渡る手段として広く利用されています。

日本では見たことないので、最初はかなりびっくりしました。え、なんでフェリーに乗るの?どこ行くの?って笑

 

13:00 トルテルに到着

オヒギンス村からトルテルまで150kmの距離を4時間半で移動しました。

 

明日は、全て木でできた不思議な村トルテルを散策します。

おとぎ話の世界に出てきそうな、かなりユニークな村をお楽しみに〜!!

 

オヒギンス村(Villa O’Higgins):宿・バス・お店

青ピン:おすすめ宿『エル・モスコ(El Mosco)』。宿:9,000チリペソ(≒1,600円)、キャンプ:6,000チリペソ(≒1,000円)

赤ピン:一番大きな商店

黄ピン(右):トルテルへのバス会社

黄ピン(左):コクランへのバス会社

 

オヒギンス村(Villa O’Higgins)からトルテル(Caleta Tortel)へ移動

 【日時・時刻】週3本(月木土)。8:30発(4.5h) 【料金】4,000チリペソ(≒700円)

本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。


facebook「いいね」、twitter「フォロー」、Instagram「フォロー」もお気軽にフォロー下さい。また、下のコメント欄よりメッセージも楽しみにしております!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
あなたの応援『ぽちっ』が、いつも記事更新の励みになっております。


スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*